反物買取 京都きものセンター

京都きものセンターが誇る高級呉服の数々

呉服を粋を極めた珠玉の品々


京都きものセンターは老舗呉服店として培った確かな査定、高価買取、
丁寧な対応により、長年の間、日本全国のお客様より
貴重な高級呉服を買取させていただきました。
こちらにはごく一部の商品を掲載させていただきます。
日本の大切な文化である呉服を次の世代に残すべく、
当社は尽力してまいりたいと考えております。

ぜひ御覧頂いている皆様にも日本の誇る民族衣装である呉服に興味を持っていただき、我が国の誇る染、織、刺繍、絞りなど衣裳の文化へ心を向けていただければ幸いです。

買取専用ダイヤル TEL 0120-10-6300
こちらの「おきもの美術館 別館」も御覧ください。クリックしてください↓


京都きものセンターの買取実績 珠玉の呉服

久保田一竹

幻の花「辻が花」の絞り染を追求し、「一竹辻が花」を極めた久保田一竹



室町時代に武家の高級品として隆盛を極めた「辻が花」絞リ染めのお着物は、
江戸時代になると友禅染の発展にともない、忽然とその姿を消してしまいました・・・

その幻の「辻が花」絞り染めを現代に復活させたのが初代 久保田一竹です。
初代 久保田一竹氏は手描き友禅を生活の糧としながら、研究を続け、
60歳にして初めて納得のいく作品を完成させました。
これが「一竹辻ヶ花」と命名された逸品お着物の始まりです。

それは、選ぶ生地に始まり、計算されつくした構図の美学、
色彩の魅力、染の加工、気の遠くなるほどに緻密で
正確な絞りの針通しなどによって生み出される、「美の極致」でございます。

由水十久

童子の愛らしい加賀友禅 由水十久



写実的なモチーフを好む加賀友禅の世界では、異色の作家として、
初代 由水十久は、中国風の童子の図案で不動の地位を確立しました。
初代 由水十久の息子が、現代の本加賀友禅界を支える
巨匠「二代目 由水十久」です。
初代のたぐいまれなる技と精神を受け継ぎ、
「由水十久」の代名詞ともいえる童子等の人物画を加賀友禅に取り入れ、
そこに現代的なセンスも加えつつ、先生独自の美の世界観を確立された、現在の加賀友禅界に君臨する名匠です。

羽田登喜男

鴛鴦(おしどり)の吉祥な友禅染 人間国宝 羽田登喜男



時の流れに磨き抜かれてきた京友禅と加賀友禅の二つの伝統ある染色技法を学び、
融合させて自らの世界を拓いた羽田登喜男。
羽田登喜男の象徴、羽田登喜男の代名詞ともいえる「鴛鴦」。
水辺で見せる一瞬の佇まいを見事に描写しています。
鴛鴦は夫婦円満の象徴として古くから吉祥のモチーフとして喜ばれてきました。
飽きることのない独特の美しさと味わい深い趣は、
羽田登喜男ならではの透徹した美意識から生まれる、
この世の奇跡でございます。

となみ織物

嘉永3年(1850年)創業 西陣の老舗機屋 となみ織物



1850年(嘉永3年) に初代礪波宗介が入洛してより、今日に至る西陣織の巨星、となみ織物。
あまたの西陣の機屋のなかでも不動の地位を誇るとなみ織物は、
千年以上の西陣の歴史を背負い、 ますます高い技術の織物を産み出しております。

長嶋成織物

瀞金錦の雅な光沢が素晴らしい西陣の名門 ながしまの帯



言わずと知れた京都西陣織物の名門、長嶋成織物。
その長い古都の伝統に育まれた江戸時代よりの技術により紡がれる、雅な本金引箔、瀞金錦。
おきもの好きなら誰もが憧れる、艶やかで凛とした格調高いながしま帯は
まさに帯の最高峰といえます。

琉球紅型

南国の染色美が薫り高く琉球の風をおくる 琉球紅型



沖縄の伝統的な染色技法『琉球紅型』。
沖縄特有の南国の気候、風土に育まれ、琉球王朝の繁栄と共に独自の発展を見せました。
紅型の「紅びん)」は紅色だけでなく「色」そのものの事で、「かた(型)」は「模様」を意味します。

琉球王朝の保護のもと、王族貴族の高貴な衣裳などとして、華麗な美を誇りました。
第二次世界大戦後、紅型は衰退の一途を辿るも、
先祖代々紅型家業を受け継いでいた城間家の城間栄喜氏と知念家の知念績弘氏が、
終戦後、那覇、首里に戻り紅型復興に取り組み、琉球紅型の美は現代に受け継がれています。

紅型復興に力を尽くした、城間栄喜氏の息子が城間栄順氏であり、
そして、城間栄喜氏の娘婿が人間国宝 玉那覇有公(たまなは ゆうこう)氏です。

赤城座繰織

昔ながらの手引きによる座繰り糸で織り上げた、赤城の希少な織物



赤城紬は、世界遺産の富岡製糸場など
古来より絹産業の盛んな群馬県、赤城山周辺の伝統工芸品です。

その技法は、乾繭する以前の生繭を原料として、 あえて原始的な「手座操り」で 蚕の作った自然のままに、
弾力と軽さを備えた着心地の良い 糸の味を引き出すことで知られます。

本場結城紬

柔らかく温かみ溢れる真綿の織りなす紬の美 本場結城紬



結城紬は、素朴な風合いと昔ながらの伝統的な
手法によって織りあげられた紬中の紬です。

結城紬は洗い張りを繰り返すことによって地風の風味を増すもので、
何代もの世代に愛用できる極上の手織り物です。
真綿のふっくりとした風合いや素朴な色合いが、個性的に映える極上の紬です。

越後上布

雪国で培われた、素朴で洗練された熟練の技が漂う 越後上布



越後上布は新潟県の小千谷や魚沼一帯に 伝わる伝統工芸品で、
国の重要無形文化財や ユネスコの無形文化遺産にも登録された、
日本を代表する織物の 一つに数えられます。

越後上布を名乗るためには、全て手積みの青苧(苧麻)糸を使用すること
いざり機で織ること さらしは、雪ざらしによること、
等々 昔ながらの手法が 順守されている必要があります。

山岡古都

水墨の美を極限まで追求した 山岡古都



墨を食べるほど良質の墨にこだわり、
永年の努力で世界にも類を見ない独自の、
墨の染色方法を着物に生かした染人、山岡古都。
京友禅・草木染めの第一人者「山岡古都」古都染人のお着物は、
水墨書で美術画のような、格調高い作風が特徴です。

牛首紬

石川の白山で育まれた、希少な玉繭の織りなす 牛首紬



釘に引っ掛けても 破れるどころか釘を抜くほど
丈夫と言われたことから 「釘抜き紬」とも呼ばれきました。

雪深い地で育まれた 強さゆえのしなやかさが
味わい深い、高貴な雰囲気 を醸し出す、最高級の紬です。

じゅらく

高貴な紫「帝王紫」を美しく演出する じゅらく



「じゅらく」といえば「帝王紫」と呼ばれる貝紫です。
「じゅらく」の貝紫は、特殊な貝から少ししか採れない希少価値の高い染料を使用し、
アレキサンダー大王やシーザー、クレオパトラなどの伝説と共に
“高貴な色”と讃えられれる「帝王紫」を、今によみがえらせ、貴重な美を糸に託した価値あるものです。

龍村平蔵

古代裂の美しさを帯にうつし出した 龍村平蔵



法隆寺、正倉院に伝来する伝統的な織物の美しさを復元し、古代裂の復元を芸術的な美にまで昇華させました。
龍村平蔵の残した「温故知新を織る」という言葉から、織物に対する飽くなき探究心、織物の美を志す熱意が感じられます。

本場黄八丈

八丈島で織られる色艶やかな色彩美 本場黄八丈



黄八丈の色は、黄・樺・黒の三色を専らにし、黄色は「かりやす」、樺は「まだみの樹皮」、
黒は「しいの樹皮」とすべて植物性の天然染色であり、数十回の染を繰り返し、色をとめるのに、
黄・樺は木灰を、黒は泥土を用い、直射日光で乾燥させます
色彩は絹物らしい光沢を抑えた、重味のある、渋い色艶が特徴です。

松井青々

磨きぬかれた伝統の技を、独自の世界に展開する京友禅作家 松井青々



京友禅を代表する友禅作家、松井青々は、豪快華麗なデザインと色遣いが魅力です。
絢爛な京友禅の雅な風情を、余すとこなく着物に込めた作品が輝きます。
松の緑が永久に青々と繁るように、自身の友禅も永遠に色褪せず見る人を魅了したい。
そんな気持ちの込められた「青々」という名前です。

本塩沢 塩沢紬 夏塩沢

1000年もの歴史を誇る塩沢の織物



新潟県塩沢の織物には、塩沢紬、本塩沢、夏塩沢などの区分があり、結城紬や大島紬に並んで、日本を代表する織り物です。
雪深い新潟の塩沢、六日町地方が産地で、古より盛んな麻織物の技術を応用して、
江戸時代頃より上等な紬として大量に生産されました。
二匹の蚕より紡ぎ出す稀少な玉糸に、真綿より引いた手紡糸をベースに、伝統工芸の技を駆使した逸品です。

十日町友禅

桐屋 滝泰 青柳など染の名門がひしめく 十日町友禅



滝泰や桐屋など老舗のメーカーがひしめく十日町友禅は、
新潟県十日町地方で生産される着物です。
優雅な絞り染めや華やかな友禅染が、振袖や訪問着に染めあげられ、
女性の憧れる着物スタイルを提供しております。

「桐屋」は、明治元年創業の老舗です。
絞りの大家として有名で、手描き友禅・手絞り・多彩なぼかし
が人気を博しています。

「青柳」は、職人の手仕事による絞り染めの確かな技、
その豪奢な出来栄えで知られる十日町を代表するブランドです。

吉乃一廉

意匠・色彩に現代的なセンスを融合させた 吉乃一廉



吉乃一廉は、今や幻の染である辻ヶ花絞り染めの匠として、
久保田一竹と並ぶ、不動の地位を確立した作家です。
その高度な絞りの技術とセンスあふれる独特の意匠は、
「一廉辻ヶ花」として世に広く知られています。

1948年 京都に生を受けた、吉乃一廉は、
1967年 日吉が丘美術工芸高等学校を卒業後、
染色の道(着物の染め)に入りました。
1977年には独立し、フォウトグラーフ染を苦心の末に完成。
この頃よりのちに吉乃一廉生涯のモチーフとなる<幻の染辻が花>に魅せられ、
独自の「一廉辻が花」の世界の探求をはじめます。

1985年からは、あくまでも辻が花絞りをベースとした、絞り全般で様々な意匠を開発。
そして、ついに、1999年 吉乃一廉の世界を確立するに至りました。
その高度な絞りの技術とセンスあふれる意匠は、
「一廉辻ヶ花」の名で、業界に一大旋風を巻き起こしました。

久米島紬

沖縄の南国的な雰囲気の溢れる 久米島紬



かつて琉球王朝時代に中国貿易の寄港地として栄え、
その青い海、美しい白砂浜、豊かな自然は琉球列島の中でもっとも美しい島であると称されてきた、
沖縄の小さな離島・久米島。
この島で、本場久米島紬は織られています。

本場久米島紬は、蚕の真綿で紡いだ糸を、島でとれる植物による草木染めや泥染めによって染色し、
丹念に手織で織り上げて作られます。

久米島紬の大きな特徴は、 図案作りから染料集め、絣作りと染色、織と泥染め、
焙煎ときぬた打ち、最初から最後までほぼ全ての工程を、分業体制を取らず
織子さんがたった一人で成し遂げているところにあります。

さらに、上記のとほうもない作業の末に、「鬼の検査員」と呼ばれている
久米島紬の検査員(熟練の織子さんでもある)による厳しい検査に合格しなければ、
本場久米島紬としては認められません。

織り手の温もりが伝わる本場久米島紬は、
けして華美なものではありませんが、
素朴な地色・絣柄の中に独特な洗練された魅力が滲む紬です。

河合美術織物

高貴な意匠 気品溢れる織の美 西陣の名門 河合美術織物



明治41年創業の西陣織の老舗、河合美術織物は、江戸時代の能装束を復元するなど、
芸術感溢れる雅な意匠を、卓越した織りの技術により映し出した作品を数多く輩出しております。
一流の織匠ならでは他の追従を許さない作風は大変人気があります。

服部織物

京都西陣より名品を織り続ける 服部織物



江戸の天明年間に忍者の里、滋賀県塩野村の服部勘兵衛が、京都西陣にて織物をはじめたのが、老舗の機屋となる服部織物です。
一世を風靡した、こはく錦の袋帯をはじめ、数々の逸品を呉服業界に提供し、西陣の名匠と称される地位に君臨しております。
服部織物の帯には〈服〉の文字を意匠化したマークが入っております。
200年以上にわたる老舗ですので、安心した商品価値を持っています。

川島織物

軍配マークが誇り高き 西陣の名門 川島織物



川島織物は、明治24年、国内業者で初の宮内省御用達となるなど、
創業以来、技術と品質、独自のデザイン表現力にとことんこだわり続け、
今や、「三本線に軍配マークの川島の帯は最高級」といわれるトップブランドです。

木屋太

斬新なデザインと洗練された構図 木屋太



西陣織の今河織物が産み出す、お洒落帯の木屋太は、独特の世界感と他を圧倒するデザイン性に突出しております。
一度みたら忘れられない、斬新で高度なデザインを織りなし、多くのおきもの好きの心を捉えております。

佐波理

艶やかな色彩美が浪漫的な詩情を奏でる 佐波理



西陣織の織物作家、池口定男氏が完成させた、
宝石のような麗しい織りの美を奏でる佐波理綴。
和の美しさに、洋の美意識も取り入れた珠玉の美しさは、
多くのきもの通の支持を集める、珠玉のブランドです。

京都の祇園祭


京都の7月は日本三大祭のひとつである祇園祭に人々は酔いしれます。 当社は毎年南観音山の前で売り出しをしております。
コンチキチンの音色が流れ、明るい提灯のともしびが、大勢の観光客で 賑わう古都の街を照らしだします。

当社にゆかりの深い南観音山。祇園祭りには華やかな提灯が雅に夜の京を照らします。 そして宵山の夜にはあばれ観音が不思議な情緒に。 南観音山の本尊である楊柳観音をぐるぐる巻きにして激しくゆさぶる行事です。

竹田城と「竹田屋」の屋号


京都きものセンターは、長年京都で呉服に携わってきた老舗です。
弊社では毎年「祇園祭」において着物・反物の大売出しを行っておりますが、 その際は「竹田屋」という看板を掲げて売り出しを行っております。
これは京都きものセンターの屋号が「竹田屋」であるためです。

おきもの美術館


当社の誇る珠玉の呉服の数々。どうぞクリックしてご覧ください。

お問い合わせ

TEL 0120-10-6300
買取専用の電話です。
買取スタッフに直通いたします。

株式会社 京都きものセンター
古物商許可証 (京都府公安委員会第611020130005号)